カテゴリ:花( 23 )

2011年 08月 30日
寄せ植え
早春に購入した花々を寄せ集めて寄せ植えを試みてみました^^ガハハ  毎朝この寄せ植えを見て自己満足して会社に通勤するのですが、花は何となくいいです 歳をとるほどに・・そして音楽も
b0171231_20485460.jpg
アサガオが綺麗に咲くのは暗く長い夜を知っているからだとか  このアサガオは道端に咲いていたものを採取して育てたものです
b0171231_20505343.jpg
そして今日も我が家のペットのお散歩^^  名前は前原君と野田君と言います  いつも微妙な距離間を保ちながらの二匹です^^
b0171231_2053118.jpg

[PR]

by yumahina | 2011-08-30 20:49 |
2011年 06月 14日
寄せ植え
妻が最近何故か急にハマり出した寄せて上げる趣味・・? あっ嘘々 間違い!間違い! それは胸に着けるブラちゃんのことだよね^^
いろんな草花を持ち寄って、ひとつの場所に美しく尚且つバランス良く植えて育てる『寄せ植え』が我が家の静かなブームなのです
結構見た目は綺麗だと思うので、写真を一枚撮って記念として残しておく事にしました^^
   
花も人間も隣に寄り添う者の影響で美しさに磨きが掛かったり、またその逆のパターンもあったりと・・・
ひっそりと目立たない脇役達の影の力があってこそ主役の存在が成り立っていく
どこか人間社会と同じ縮図を感じる寄せ植えの世界  あなたは主役になりたいですか?それとも渋い脇役で?
もう一度しつこく言っておきますが、ブラじゃありませんよ   

ラベンダー&ブロンズハート(小輪多花ダリア)&ランタナ七変化
b0171231_22343169.jpg
カリフォルニアローズ&雪華草
b0171231_22344637.jpg

[PR]

by yumahina | 2011-06-14 22:33 |
2011年 05月 29日
ミリオンベル
2度3度と切り戻していくうちに以前にも増して株が大きく成長し1株で千近くもの花を付けるミリオンベル
b0171231_9485839.jpg
切りすぎちゃったかな?クールビズで省エネだね^^
b0171231_9491269.jpg
柏崎の伯父から頂いた皐月の花も満開に咲いている  
b0171231_9492628.jpg

[PR]

by yumahina | 2011-05-29 09:49 |
2010年 10月 19日
サルビア ミクロフィア
まるで大空に翼を広げて飛び立つように・・・
b0171231_144458.jpg

[PR]

by yumahina | 2010-10-19 06:10 |
2010年 09月 10日
アサガオ
朝晩の気温が何だか肌寒くなってきて秋の気配を強く感じるようになってきました  アサガオの花も朝露を浴びて涼しげに咲いています
b0171231_6263625.jpg
アサガオの葉にキチョウが一匹羽根を休ませていました   蝶々君、いったい君は何処へたどり着こうとしているんだい?
b0171231_6281939.jpg

[PR]

by yumahina | 2010-09-10 06:26 |
2010年 05月 01日
君子蘭
おばあちゃんが我が子のようにして大事に育てている君子蘭が今年も見事な花を咲かせた
おばあちゃんは今年で80歳を迎えるが、花達からパワーを貰っているのか、本当に若々しいお年寄りです 私にとっては一番身近な数十年後の見本かな?
b0171231_5364711.jpg
b0171231_5371711.jpg

[PR]

by yumahina | 2010-05-01 05:37 |
2010年 03月 26日
新潟県立植物園Part3
ディアルスカイ
b0171231_6231118.jpg
ファイアーダンス
b0171231_6232781.jpg

                 『ぬけぬけと自分を励ますまじめ歌』  

                 他人を励ますのは、気楽です
                 自分を励ますのが、大変なんです

                 私は誰か、私は何か
                 知ってしまったあとだもの

                 私は自分に言い聞かせるの
                 私はこれから咲く花ですよ

                 それはちょっぴりウフフ
                 それはちょっぴりアハハ

                 都合のいい夢咲かせていよう
                 私は遅咲き大輪の花

                 自分をいじめるのは、子供です
                 自分をいじめないのが、大人です

                 アハハウフフ アハハウフフ
                 私はウフフの大人でいよう
                 アハハで励ます大人でいよう

                       『吉野弘全詩集より』
[PR]

by yumahina | 2010-03-26 06:24 |
2010年 03月 21日
新潟県立植物園Part2
ハナチョウジ
b0171231_20261954.jpg
ハナキリン
b0171231_20264076.jpg

                          『ほぐす』

               小包みの紐の結び目をほぐしながら思ってみる

               結ぶときより、ほぐすとき すこしの辛抱がいるようだと

               人と人との愛欲の 日々に連らねる熱い結び目も

               冷めてからあと、ほぐさねばならないとき 多くのつらい時を費やすように

               紐であれ、愛欲であれ、結ぶときは「結ぶ」とも気付かぬのではないか

               ほぐすときになって、はじめて結んだことに気付くのではないか

               だから、別れる二人は、それぞれに記憶の中の、

               入りくんだ縺(もつ)れに手を当て

               結び目のどれもが思いのほか固いのを涙もなしに、なつかしむのではないか

               互いのきづなをあとでたつことになろうなどとは

               万に一つも考えていなかった日の幸福の結び目

               その確かな証拠を見つけでもしたように

               小包みの紐の結び目ってどうしてこうも固いんだろう、などと

               呟きながらほぐした日もあったのを寒々と、思い出したりして

                           吉野弘詩集 『素直な疑問符』より
[PR]

by yumahina | 2010-03-21 20:26 |
2010年 03月 16日
新潟県立植物園 Part1
チューリップ
b0171231_20232558.jpg
江戸時代から伝わる『八重霧島』という非常に珍しいツツジ
b0171231_20283172.jpg
ミュージシャン浜田省吾が最も敬愛する詩人、吉野弘(山形県酒田市出身)
『CLUB SNOWBOUND』というアルバムに「雪の日に」の全文を掲載すべく、浜田自身が吉野弘に承諾を得る為に手紙を書いたところ、吉野直筆の「わざわざご丁寧にありがとう」という旨の御礼の返信をもらい感激したことを、浜田がコンサートで明かしている。ちなみに、浜田の代表曲「悲しみは雪のように」は「雪の日に」にインスパイアされて出来た曲だとも言っている。(Wikipediaより)

しばらくの間、撮りためてあった花の写真に吉野弘の詩を添えて公開していこうかな~と考えています ぜひご覧くださいね^^

            『虹の足』
           雨があがって
           雲間から
           乾麺みたいに真直な
           陽射しがたくさん地上に刺さり
           行手に榛名山が見えたころ
           山路を登るバスの中で見たのだ、虹の足を。
           眼下にひろがる田圃の上に
           虹がそっと足を下ろしたのを!
           野面にすらりと足を置いて
           虹のアーチが軽やかに
           すっくと空に立ったのを!
           その虹の足の底に
           小さな村といくつかの家が
           すっぽり抱かれて染めていたのだ。
           それなのに
           家から飛び出して虹の足をさわろうとする人影は見えない。
           おーい、君の家が虹の中にあるぞオ
           乗客たちは頬を火照らせ
           野面に立った虹の足に見とれた。
           多分、あれはバスの中の僕らには見えて
           村の人々には見えないのだ。
           そんなこともあるのだろう
           他人には見えて
           自分には見えない幸福の中で
           格別驚きもせず
           幸福に生きていることが
[PR]

by yumahina | 2010-03-16 11:19 |
2009年 10月 01日
秋明菊(シュウメイギク)
誰もが一度は疑問を抱くこと・・「愛ってな~に?」 ”愛”その言葉の意味を的確に表現することは難しいが、恋は一方的な思慕の情を指すのに対し、愛は常に相手の立場を慮る心遣いだというのが一般的な通説らしい。  
秋明菊の花言葉・・・「耐え忍ぶ愛」
地域紛争 宗教弾圧 人種差別 虐待 いじめ  愛という文字がどんどん薄れていく
b0171231_0162217.jpg

[PR]

by yumahina | 2009-10-01 00:16 |