カテゴリ:山形自慢( 8 )

2011年 09月 18日
西蔵王公園 バーベキュー大会
焼き肉食べるのに網が美味しいか鉄板が美味しいか悩んだ事ありませんか?僕はバーベキューをするたびにいつも悩んでしまうのです・・(くだらね~悩みです)
b0171231_217539.jpg
炭火を焚いて網で焼くのはバーベキューの王道ですが、どうにもこうにも火力の調整が難しくて、牛カルビさんがいつもマル焦げになってしまうのです
b0171231_2192015.jpg
前から欲しかったガスボンベ式の焼き肉装置  ついにお披露目じゃー!
b0171231_2193458.jpg
めったに妻にも子供にも誉められない親父ですが、この日ばかりは違っていました  『凄く良く焼けるよ~♪』むふふ 次はテントを買ってもいいかいっ!(イヒヒ)
b0171231_2195023.jpg
せっかく西蔵王に行ったのに焼き肉の話に執着してしまいました   すみません
b0171231_2110220.jpg

[PR]

by yumahina | 2011-09-18 13:06 | 山形自慢
2010年 11月 17日
上杉神社
上杉謙信は「戦勝の御加護」がある神として、すなわち武神として毘沙門天を信仰し、自らを毘沙門天の生まれ変わりだと信じていました。軍旗にも、その頭文字を使用しています
b0171231_436469.jpg
米沢城の本丸・奥御殿跡には上杉神社が建てられており上杉家の祖・上杉謙信を祀っています。  今日は久しぶりの晴天に恵まれたので、日頃の悪行を謝罪しに神社に行って参拝だ~ 
b0171231_4365996.jpg
神社の鳥居の前では常葉樹と落葉樹の信号機コラボレーション     
b0171231_6585325.jpg
いよいよ俗世界に別れを告げて結界への入り口へ・・ くっ苦しい~ 煩悩が抜けていく=
b0171231_1943947.jpg
J・F・ケネディ元アメリカ大統領やビル・クリントン元大統領に「もっとも尊敬する日本人政治家」と言われた江戸時代の米沢藩主、上杉鷹山
b0171231_2041182.jpg
b0171231_2061272.jpg
戦国時代の最強武将としても名高い稀代の名将「上杉謙信」
b0171231_20261643.jpg
これがきっと今年最後の紅葉の見納めとなるだろう
b0171231_4443911.jpg
もうすぐ冬か~ 寒くなるなぁ 帰ったらコタツに入ってキュ~っと一杯やろうかな^^ 
b0171231_738036.jpg

[PR]

by yumahina | 2010-11-17 04:35 | 山形自慢
2010年 05月 10日
放浪記Ⅱ 烏帽子山公園 長谷堂合戦城跡
烏帽子山八幡宮の大鳥居です^^ 神明造りのもので継ぎ目のない一本石のものでは日本一の大きさなんだそうです 
しだれ桜が石段の両脇から覆いかぶさって、桜の開花時期には絶対お勧めの場所です  ちなみに私は毎年桜が咲いている今頃の季節になると必ずこの場所を訪れて「いつまでもこの若さと美貌が変わりませんように」とお祈りするのです(いまクスッと笑いました?)
b0171231_929617.jpg
道の上に桜の花びらが一枚一枚重なり合って、まるでピンク色の絨毯が敷かれているようでした
b0171231_9292369.jpg
あれっ?酔った花見客が木に上っているのかと思いきや花咲かじいさんの人形か~ 一瞬マジびっくり! 
b0171231_9293938.jpg
遠くに見える赤湯市の街並み
b0171231_10581043.jpg
帰り道で立ち寄った場所は、東北関ヶ原の戦いと後世に語り継がれている長谷堂合戦城跡を散策してみました 上杉軍の直江兼続と徳川軍の最上義光が相対した有名な場所です(合戦自体は有名らしいのですが、私は初めて知った場所でした・・恥)
b0171231_930599.jpg
気温がどんどん上昇し真夏のような暑さにヒ~ヒ~言いながら急な坂道を登って行きます
b0171231_9302668.jpg
中間地点に差し掛かると赤い鳥居がお出迎え 新緑が目に入ると少しだけ涼しくなって来たような・・・
b0171231_9304786.jpg
360度どこを見渡しても必ず桜の花が目に入って来ます  こんな古びた情景にも上手くマッチしてしまうのが桜の花の良い所
いつまでもずっとこんな景色を見続けていたい、そんな気持ちにさせられてしまいます
b0171231_931418.jpg
b0171231_9311512.jpg
このお地蔵様は戦で亡くなられた死者達の魂を慰めるために鎮座されているのだろうか・・平和への祈りや、その有り難みも特に感じないまま日々を過ごしている自分 過去の歴史を振り返ることはとても大切なことだ
b0171231_9312954.jpg
慈悲と書かれた小さな鐘  慈悲とは(仏・菩薩が人々をあわれみ、楽しみを与え、苦しみを取り除くこと)
b0171231_9314427.jpg
b0171231_932689.jpg

は~やっと頂上にたどり着きました^^  この旅で私の大型連休は終わりです
長編ドラマにお付き合いくださってありがとうございました^^ みなさんの身近な場所にも今まで知らなかった場所沢山あるかと思います  ぜひこの週末に訪れてみては如何でしょうか^^
b0171231_9322182.jpg

[PR]

by yumahina | 2010-05-10 09:27 | 山形自慢
2010年 05月 08日
放浪記 久保乃桜
皆さん、5月の大型連休はどのようにお過ごしでしたでしょうか^^ のんびりと家の中で英気を養っていた方 外に出て自分の趣味に走っていた人 みんなそれぞれに充実した休暇を過ごされていたことと思います^^ さて私ことyumahinaは数少ない連休を有意義に過ごすべく一両列車に乗り込んで桜見物がてら放浪の旅へと出掛けて行ったのでした
b0171231_524654.jpg
列車の窓から見える山形のド田舎風景 最近やっと田んぼの上の雪が解けて田植えが始まるのは6月始め頃だろうな・・
b0171231_5281834.jpg
まず最初に降り立った場所は国の天然記念物に指定され東北地方で最大、高さ約13m、根周り約9m、根張り東西約25mもの大きさを誇る久保の桜 推定樹齢は約1200年 坂上田村麻呂将軍と土地の長者の娘「お玉」との悲恋物語によって、この桜は「お玉桜」という呼び名が一般に広まっているようです^^
b0171231_5403313.jpg
伊佐沢 久保の桜 (悲恋物語の内容は昨年4月の過去ブログに記載しております) 
b0171231_6143113.jpg
すでに満開の時期は通り過ぎてしまったけれど、風に吹かれて散り行く花びらを見つめながら山形名物の玉コンニャクを食べてみるのもこれまた風流なんです
b0171231_6174367.jpg
帰り道、近所の子供達が桜の木の下で遊んでいる光景を一枚写真に収めてみました 何だか桜の木も一緒になって子供達と戯れているような、そんな感じがしたんですよね・・
b0171231_547248.jpg
続きは近日公開 みのがすなよ~^^ 
[PR]

by yumahina | 2010-05-08 09:14 | 山形自慢
2009年 12月 03日
直江兼続
NHK大河ドラマ「天地人」も無事に最終回を迎え、隠れお船ファン?である私は夫婦が眠る林泉寺の境内へと、ちょっと出かけて見ることにしました。自宅から車で一時間ばかりの距離に位置しているのですが、テレビの影響は本当に凄いんです^^すっかり観光名所になっちゃって!
林泉寺の由来は、今から約500年前に遡り、長尾景虎(後の上杉謙信)の祖父長尾能景が父重景の菩提を弔うために、越後国高田に建立。
その後に上杉家を相続した謙信によって上杉家菩提寺となったことが始まりで、慶長6年(1601年)、上杉景勝の米沢30万石減封により林泉寺も米沢に移ることとなり、現在に至っています。
b0171231_1834982.jpg
 直江兼続夫妻が眠っているお墓です。夫婦の墓所としては珍しく、夫と妻の墓が同じ大きさとなっています。
昔、日本全国の大名を従えて天下統一を成し遂げたあの有名な豊臣秀吉は、兼続をとても高く評価していたようで、「天下の政治を安心して任せられるのは、直江兼続など数人にすぎない」というような言葉を残していたそうです。生前には自己の姓である「豊臣」姓を与えたり、景勝の会津120万石移封の際、兼続には米沢30万石を与えてやったそうです。
1598年、秀吉がこの世を去った時、遺命によって陪臣ではただひとり、太刀を一振拝領するほどの優れた大名であったにも関わらず、側室を一人も持たずに終生、妻のお船ただ一人だけを愛し続けた兼続
直江夫婦は仲睦まじかったと伝承にもあるように、長い時を経た現在も、二人は共に寄り添い支え合いながら、こちらを眺めて微笑んでいるように見えるのは私だけが感じる「愛と義」の世界なのかな・・・
最後に、育ての親である謙信公が残したと言われる詩の一片を・・・
心に私心がない時には、人を疑うこともない。  心に勇気がある時には、後悔することもない。  心に自分を誇る気持ちがない時には、よく人の善を知ることができる。(上杉謙信家訓)
b0171231_18342567.jpg

[PR]

by yumahina | 2009-12-03 11:31 | 山形自慢
2009年 10月 31日
飯豊少年自然の家
b0171231_19391845.jpg
今日は気持ちがいい秋晴れです^^ こんな日はとてもじゃないけど家でゴロゴロしているわけにはいきやせん!またまたお金の要らない場所まで遊びにしゅっぱ~つ進行!
b0171231_19435752.jpg
自宅から約30分、飯豊少年自然の家に到着!施設の入り口は真っ赤なモミジが我々をお出迎えしてくれました^^ 今日は子供達の事を宜しく頼むよ!
b0171231_19464327.jpg
b0171231_19483224.jpg
こういう光景を見ていると、この子達は山形に生まれて、田舎に生まれて本当に良かったよな~とつくづく思うんです^^ 
でも冬は全く逆の事を思っちゃいますが・・・
b0171231_19535260.jpg
b0171231_1954773.jpg
はっきり言って滑って転べば数メートル下に落下して痛い目にもあうかもしれない・・でも僕ら子供の頃はもっと危険な遊びやってたし、こういった遊びから学べる事も沢山あるはず
b0171231_2021016.jpg
b0171231_2023750.jpg
アスレッチックの良い所は誰に指示されるでもなく、子供自身が自由な発想で遊び方を考えて、それを実践出来る事なんじゃないのかな~?
b0171231_20258100.jpg
祖先はやっぱり猿だったと確信出来る子供達です^^となると俺は猪八戒か?
b0171231_2032137.jpg
b0171231_2034895.jpg
まるで非難訓練でもしているかのような・・むむむ夜逃げのトレーニングにもなりますかね!
b0171231_2010014.jpg
地下道が入り組んでいる遊び場なんですが、L SIZEの私には少々狭い空間かな?
b0171231_2042898.jpg
下は断崖絶壁?ビビッて渡れない友達を迎えに行った我が子です^^ このあと勇気を振り絞り自分ひとりでみごとに渡る事ができた友達でした^^ 自信になったよね!
b0171231_208329.jpg
子供達がいつか成長し大人になった時、今度は自分達の子供を連れてこの場所に戻って来れる日が来るといいな^^
b0171231_2065485.jpg
午後からはワクワクランドでラストスパート! 沢山遊んだら家に帰って宿題だ~ (--;)お気の毒様
宿題終わったら、みなさんまたお会いしましょう^^
[PR]

by yumahina | 2009-10-31 19:39 | 山形自慢
2009年 10月 17日
成島わくわくランド
カメラ屋を訪ねて三千里  今日はパパの趣味のために嫌がる娘をムリムリ連れ出してしまったので、成島わくわくランドに行って娘のご機嫌取り
b0171231_19574745.jpg
こんな面白い乗り物があるなんて今まで全然知りませんでした^^  この公園ではおそらく№1の人気です!私も乗ってみたのですが、LLサイズの乗り物が無かったので、拷問を受けているような乗り心地でした(--;)
b0171231_19591775.jpg
私は高い所が大の苦手なのにお前さんはヘッチャラなの?  ムムム・・おそらく君には恐怖心というモノが欠けている
b0171231_2015053.jpg
こんな遊具が自分達の時代にも存在してたら、もうちょっとマシな大人に成長していたのかも?
b0171231_2033481.jpg
やっぱり私のご子息にまちがいありません^^  いとも簡単に紐をよじ登り平和の鐘をならしてくれました!
b0171231_2051936.jpg
遊園地の主役は子供たち! だけど初めて目にする遊具を見つけた時の嬉しさは大人も子供もそれほど変わらないような気がします^^ ピーターパンシンドローム・・・いつまでも子供心を持ち続けていたいものですね(^-^)/
[PR]

by yumahina | 2009-10-17 14:56 | 山形自慢
2009年 10月 05日
蔵王の秋
蔵王は今、紅葉の真っ盛り。木々の葉が色づいて山々を綺麗に染めています
秋が訪れ木々の葉が色とりどりに変化するさまを紅葉と呼びますが、厳密には葉の色が赤色に染まることを「紅葉」、黄色に染まることを「黄葉(おうよう)」、褐色に染まることを「褐葉(かつよう)」と呼ぶのだそうです
紅葉はなぜ、葉っぱの色が赤や黄に変化するのか?それは、葉に含まれる光合成のエネルギーが、茎の部分に移動したことによって、今まで隠れていた葉の色素が目に見えるようになるためだと考えられています
長い冬を持ちこたえるための生きる知恵が植物達にもしっかりと備わっているんですね~ (-""-;)ムム・・ナカナカヤルナ
b0171231_2052891.jpg
ブナの葉は赤褐色に変化するので褐葉といいます
b0171231_207938.jpg
ブナの実をフライパンで炒めて食べてみて下さい^^ コクがあってとっても美味しいんです。ビールのつまみにはもってこいの味かもしれません^^ 熊さん達はこんなに旨い物を毎年食べてコロコロに太っていったのでしょうか?
熊が食べる物はフキノトウ、ウド、ミズ、木いちご、タケノコ、木の新芽など。熊も私も、ほとんど同じものを食べていたなんて、私の激太りの原因がこんな所に隠れていたんですね!   自然からの誘惑は恐ろしいっす・・(ーー;)
b0171231_2083167.jpg
蔵王の山頂に到達すると七かまどの木が沢山実をつけていました。周囲には高そうなカメラを構えたおじさん達が七かまどの写真をパシャパシャ。おじさん曰く「七かまどの木は七回釜戸に入れても燃えきらないからななかまどと言うんだよ」と丁寧に説明してくれました^^
ありがとうおじちゃん  だけど実際のところ、燃え難いようでいて以外に燃えちゃいます^^
b0171231_2094347.jpg
冬の樹氷と共に蔵王の象徴となっているお釜を見に来たのはこれで三度目です。今日は運良くガスも掛からずお釜の全貌を満喫する事が出来ました^^
今まで26回の噴火を繰返し最近では、明治28年2月15日に噴火しています
荒々しい火口にエメラルドグリーンの水面が神秘的な世界を醸し出しているようです^^
b0171231_2010459.jpg

[PR]

by yumahina | 2009-10-05 12:01 | 山形自慢